大瀬崎の海を二人で潜ってみませんか?     

                           感想文                        
 

バディ同士でダイビングをしたい方で、でもちょっと不安な方にコンパスの使い方、水中での地形の見方、潮の見方
を指導して、最初の1ダイブは先頭にガイドがつきます。2ダイブ目は皆様が先頭に立ち、最初に回ったコースを取
っていただきます。その時、ガイドは皆様の後ろにつきます。

実施方法

  @水中地形図をスレートに描いて頂きます。   
  A陸上でコンパスの使い方をシュミレーション致します。   
  Bガイドと共にダイブ致します。その時、方向(角度)をハンドシグナルで伝えます。 
  C潜水計画・18m/30分〜40分。方向変換7回


大瀬崎の湾内から自信をつけて、少しずつエリアを広げて湾内、先端、外海と、大瀬崎の海を堪能して下さい。

大瀬崎の湾内に自信を持ち、バディ同士でダイビングが出来るようにご指導致します。


@エントリーして、胸ぐらいの水位でフィン、マスクをつけて頂きます。
  方位90度をコンパスで水深10mまで水中移動します。途中、細かな石粒から大きな石に出ます(−2〜−3m)。
  これが見えてきたら落ち込みます。(-3〜4m)落ち込んだところにには、大きな岩があります。これが、最初の
  目印です。(これをはずさないように!)

  ここまででは、
ヒラムシの仲間(ニセツノヒラムシ科)、ケヤリムシの仲間(ケヤリムシ科)、ヤドカの仲間(ヤドカリ科)、エビの仲間
   (オトヒメエビ科、サラサエビ科、テナガエビ科、イセエビ科)、
ウニの仲間(ガンガゼ科、ラッパウニ科)、ベラの仲間(ベラ科)、
   スズメダイの仲間
(スズメダイ科)、ウツボ(ウツボ科)、ウミタナゴ(ウミタナゴ科)、フグの仲間(ハコフグ科、フグ科、ハリセンボン科)、
   の仲間が多く見られます。

  
岩に着いたら(-3〜4m)、そのまま(90度)水深10メートルまで進みます。水深ー5からー6メートル位行くと右手
  からロープが見えてきます。このロープを見ながらー10mまで行きます。ー10mまで行くと、水中に浮きボンテン
  (ブイ)が見えてきます。

   ここまでは、
ハゼの仲間(ハゼ科)、タカノハダイの仲間(タカノハダイ科)、スズメダイの仲間(スズメダイ科)アジ、ブリの仲間(アジ科)、
   イザリウオ
(イザリウオ科)、ウツボ(ウツボ科)が多く見られます。

A−10mのボンテンから方位20度をコンパスで取ります。ここからはゴロタ石の上を泳いでいきます。水深10mを
  キープしていくと、ゴロタ石のはずれに、腰ぐらいの高さで1メートル四方ぐらいの岩が見えてきます(餌付根)。
  これを2〜3m過ぎると、ゴロタ石と砂地の境目にでます。

  
ここまででは、カイメンの仲間(ザラカイメン科、イソカイメン科)、クラゲの仲間(イボクラゲ科、オキクラゲ科、ミズクラゲ科)、
   ウミヒドラの仲間
(ハネガヤ科、カイウミヒドラ科)、ケヤリムシ(ケヤリムシ科)、エビの仲間(オトヒメエビ科、サラサエビ科、イセエビ科、
   セミエビ科)、
ヤドカリの仲間(ヤドカリ科)、カニの仲間(イワガニ科、クモガニ科、コマチガニ科、オウギガニ科)、2枚貝(ミミガイ科)、
   巻貝の仲間
(タカラガイ科、ウミウサギガイ科)、ウミウシの仲間(アメフラシ科、フジタウミウシ科、ドーリス科、イボウミウシ科、
   タテジマウミウシ科、他)、
イザリウオ(イザリウオ科)ウバウオの仲間(ウバウオ科)、カサゴの仲間(フサカサゴ科、)、ハタの仲間(ハタ科)、
   タカベ
(タカベ科)、テンジクダイの仲間(テンジクダイ科)、アジ、ブリの仲間(アジ科)、フエダイ(フエダイ科)、イサキ(イサキ科)、
   ダイ
(タイ科)、イスズミ(イスズミ科)、カゴカキダイ(カゴカキダイ科)、チョウチョウオの仲間(チョウチョウオ科)、キンチャクダイの仲間
   
(キンチャク科)、スズメダイの仲間(スズメダイ科)、ベラの仲間(ベラ科)、ヨウジウオの仲間(ヨウジウオ科)、ウツボ(ウツボ科)、
   カマスの仲間
 (カマス科)、ウニの仲間(ガンガゼ科、フクロウウニ科ラッパウニ科、タコノマクラ科)が多く見られます。
   湾内の中では、一番多くの動、植物が見られるところでもあります。

B−10mのゴロタ石と砂地の境目に出たら方位を90度に取ります。水深-16mまで進みます。ゴロタ石を右手に
  見ながら砂地の境目を進む形になります。−16mぐらい行くと、幾つかの小さな石が出てきて、それに黄色の
  ムチヤギが群生しています
  (探しどころでもあります)。

  
ここまででは、クラゲの仲間(イボクラゲ科、オキクラゲ科、ミズクラゲ科)、ウミヒドラの仲間(ハネガヤ科、カイウミヒドラ科)、
   ウミトサカの仲間
(チジミトサカ科)、ヒラムシの仲間(ニセツノヒラムシ科)、ケヤリムシの仲間(ケヤリムシ科)、ヤドカリの仲間(ヤドカリ科)、
   
エビの仲間(オトヒメエビ科、サラサエビ科、テナガエビ科、テッッポウエビ科、タラバエビ科、イセエビ科)、カニの仲間(イワガニ科、
   クモガニ科、コマチガニ科)、
巻貝の仲間(タカラガイ科、ウミウサギガイ科)、ウミウシの仲間(アメフラシ科、フジタウミウシ科、ドーリス科、
   イボウミウシ科、タテジマウミウシ科他)、
ヒトデの仲間(モミジガイ科)、ナマコの仲間(クロナマコ科)、イザリウオ科、
   
カサゴの仲間(フサカサゴ科)、ハタの仲間(ハタ科)、テンジクダイの仲間(テンジクダイ科)、キス(キス科)、アジ、ブリの仲間(アジ科)、
   
フエダイ(フエダイ科)、ヒメジの仲間(ヒメジ科)、チョウチョウオの仲間(チョウチョウオ科),スズメダイの仲間(ヨウチョウオ科)、
   
ベラの仲間(ベラ科)、トラギスの仲間(トラギス科(トラギス科)、カワハギの仲間(カワハギ科)、ウツボ(ウツボ科)、ハゼの仲間(ハゼ科)
   が多く見られます。

C水深−16mのムチヤギ群生から方位160度を取ります。砂地を進みますので途中目印になるものが少ないので
  水深−18mを超えないように注意してください。水深−18mまで行くと大きな漁礁が見えてきます。
  これが第3漁礁です。

   ここまででは、
クラゲの仲間(イボクラゲ科、オキクラゲ科、ミズクラゲ科)、ウミヒドラの仲間(ハネガヤ科、カイウミヒドラ科)、
   ケヤリムシの仲間
(ケヤリムシ科)、ウミトサカ(チヂミトサカ科)、ヤギ、、ヒラムシ(ニセツノヒラムシ科)、エビの仲間(イセエビ科、
   オトヒメエビ科、サラサエビ科、)、ヤドカリの仲間(ヤドカリ科)、
カニの仲間(アサヒガニ科、クモガニ科)、巻貝の仲間(タカラガイ科、
   ウミウサギガイ科)、
ウミウシの仲間(アメフラシ科、フジタウミウシ科、ドーリス科、イボウミウシ科、タテジマウミウシ科、他)、
   
ヒトデの仲間(モミジガイ科)、ナマコの仲間(クロナマコ科)、イザリウオ(イザリウオ科)、カサゴの仲間(フサカサゴ科)、ハタの仲間
   (ハタ科)、
キス(キス科)、アジ、ブリの仲間(アジ科)、フエダイ(フエダイ科)、ヒメジの仲間(ヒメジ科)、チョウチョウオの仲間
   
(チョウチョウオ科),スズメダイの仲間(ヨウチョウオ科)、ベラの仲間(ベラ科)、トラギスの仲間(トラギス科)、カワハギの仲間
   (カワハギ科)、
ハゼの仲間(ハゼ科)、ウミテングの仲間(ウミテング科)、ウツボ(ウツボ科)の仲間が多く見られます。

D第3漁礁から方位210度、水深-18mをキープして進みます。第3漁礁から5〜6メートル位進むと、右手に
  第2漁礁が見えてきます。ここからは砂地で−18mをキープしながら進み太いロープを横切り、5〜6m進むと
  第1漁礁(-18m)に出ます。

   ここまででは、
イソギンチャクの仲間(ハナイソギンチャク科)、ヤドカリの仲間(ヤドカリ科)、カニの仲間(アサヒガニ科、クモガニ科)、
   ウミウシの仲間
(アメフラシ科、フジタウミウシ科、ドーリス科、イボウミウシ科、タテジマウミウシ科、他)、ヒトデの仲間(モミジガイ科)、
   エイの仲間
(ヒラタエイ科、トビエイ科)、ウツボ(ウツボ科)、イザリウイオ(イザリウオ科)、ウミテングの仲間(ウミテング科)、
   
カサゴの仲間(フサカサゴ科)、ハタハタ科)、アジ、ブリの仲間(アジ科)、フエダイ(フエダイ科)、イサキ(イサキ科)、ヒメジの仲間
   (ヒメジ科)、
キンチャクダイの仲間(キンチャク科)、ゴンベ(ゴンベ科)、タカノハダイ(タカノハダイ科)、ベラの仲間(ベラ科)、
   
トラギスの仲間(トラギス科)、ミシマオコゼの仲間(ミシマオコゼ科)、ハゼの仲間(ハゼ科)、カレイ(カレイ科)、カワハギの仲間
   (カワハギ科)、
フグの仲間(フグ科)が多く見られます。

E第1漁礁の横に水中ボンテン(浮き、-18m)があります。残圧をチェックしながら遊ぶ時間を調整してください。
  第3漁礁から330度コンパスを取り()水深-8mまで進んでください。(小指ほどの太さのロープが引いてあります。) 

  
このロープには途中2個のボンテンが付いています。-10mの最初のボンテンと勘違いしないように!!
   (ここで-8mぐらいです。)


   ここまでは、
ウミヒドラの仲間(ハネガヤ科)、ウミトサカの仲間(チヂミトサカ科、ウミアザミ科)、カニの仲間(コマチガニ科、ミズヒキガニ科、
   クモガニ科、カラッパ科、)、
巻貝の仲間(タカラガイ科、ウミウサギガイ科)、ウミウシの仲間(カノコキセワタガイ科、ウミコチョウ科、
   アメフラシ科、フジタウミウシ科、ドーリス科、その他)、
ヒトデ(モミジガイ科)、ウニの仲間(ガンガゼ科、フクロウウニ科)、ナマコの仲間
   (クロナマコ科)、
エイの仲間(ヒラタエイ科、トビエイ科)、イザリウオ(イザリウオ科)、ヨウジウオの仲間(ヨウジウオ科)、カサゴの仲間
   
(フサカサゴ科)、ヒメの仲間(ヒメジ科)、ゴンベ(ゴンベ科)、タカノハダイの仲間(タカノハダイ科)、ベラの仲間(ベラ科)、トラギスの仲間
   (トラギス科)、
ハゼの仲間(ハゼ科)、などが見られます。

Fここからは最初に来た90度の逆、270度で戻ります。

   ここまでは、ウミヒドラの仲間(ハネガヤ科)、カニの仲間(カラッパ科、アサヒガニ科、クモガニ科、ワタリガニ科、オウギガニ科)、
   ウミウシの仲間 
(カノコキセワタガイ科、ウミコチョウ科、アメフラシ科、フジタウミウシ科、ドーリス科、その他)、ヒトデの仲間(モミジガイ科)、
   
ウニの仲間(ガンガゼ科、フクロウウニ科)、ナマコの仲間(クロナマコ科)、エイの仲間(ヒラタエイ科、トビエイ科)、イザリウオ(イザリウオ科)、
   ヨウジウオの仲間
(ヨウ ジウオ科)、カサゴの仲間(フサカサゴ科)、ヒメジの仲間(ヒメジ科)、タカノハダイの仲間(タカノハダイ科)、
   ベラの仲間
(ベラ科)、トラギスの仲間(トラギス科(トラギス科)、ハゼの仲間(ハゼ科)、などが見られます。

   ヒラムシの仲間(ニセツノヒラムシ科)、ケヤリムシの仲間(ケヤリムシ科)、ヤドカリの仲間(ヤドカリ科)、エビの仲間
   (オトヒメエビ科、サラサエビ科、テナガエビ科、イセエビ科)、
ウニの仲間(ガンガゼ科、ラッパウニ科)、ベラの仲間(ベラ科)、
   
スズメダイの仲間(スズメダイ科)、ウツボ(ウツボ科)、フグの仲間(ハコフグ科、フグ科、ハリセンボン科)、ウミタナゴの仲間(ウミタナゴ科)、
   の仲間が多く見られます。